WordPress の AMP 対応について調べてみた!(各種方法、メリット・デメリット紹介)

もくじ

AMP(Accelerated Mobile Pages) とは?

Webサイトを高速化する技術で、Googleが先導して提唱している。
AMP(Accelerated Mobile Pages)Project

この技術にWordPressもいくつかの手順で対応させることが可能だったので、その方法と「メリット・デメリット」を調べてみました。

WordPressのAMP対応

WordPressのAMP対応についてです。

標準では現時点「4.7.4」では対応しておらず、
いくつかの方法を使うことで簡単に対応させることが可能でした!

以下に代表的な方法を示したいと思います!

  • Automattic社公式プラグインで対応
  • サードパティプラグインで対応
  • テーマで対応
  • 自前で対応

調べたところ、上記4つの方法が見つかりました!

各方法(自前で対応以外)について、私個人的なメリットデメリットを現時点(2017年5月1日)で記したいと思います!

Automattic社 公式プラグインで対応

Enable Accelerated Mobile Pages (AMP) on your WordPress site.

もっともポピュラーな方法ですね。

メリット

プラグインを入れるだけで、対応完了です。

簡単です!

デメリット

現時点(2017年5月1日)では、

  • ヘッダーテキスト色
  • ヘッダー背景色 & リンク色
  • Color Scheme

のみ、管理画面から設定可能です!

それ以外の、カスタマイズにある程度の知識が必要です。

  • CSS
  • HTML
  • PHP

など。

カスタマイズ方法はgithubの方に記載されています。

amp-wp - WordPress plugin for adding AMP support

サードパティプラグインで対応

Easily publish and manage your content directly from WordPress to Facebook Instant Articles and Google AMP Pages with support for ads and analytics.

メリット

プラグインを入れるだけで、対応完了です。

簡単です!

このプラグインの場合は、AMPの他にも「Facebook Instant Articles」に対応

デメリット

便利は便利だと思います!
ただ、サードパーティプラグインなので、サポートや継続したアップデートが行われるのかの心配があります。

テーマで対応

現在このサイトで使っているテーマ「Simplicity2」では、AMPに対応していました。

なので、有効化するだけで使うことが可能です~

メリット

プラグインを入れることもないので、

超簡単です!

設定として

  • AMP用AdSenseコード
  • AMP用のロゴ画像
  • AMPバリデーター
  • AMPページを生成しないカテゴリID

を設定可能

さらにカスタマイズする場合は、『テーマの編集』から行うことも可能です。(要知識)

デメリット

テーマによる「AMP対応」は、テーマの変更時に「AMP非対応」になるため、
別の方法を取らなくてはならないことです。。。

まとめ

表形式にしてみました。

対応方法 導入難易度 カスタマイズの容易さ カスタマイズの柔軟性 サポート
Automattic社 公式プラグイン 画面からできるところは容易 柔軟性は低い 公式サポートが期待できる
サードパティプラグイン 容易(設定項目多い) 柔軟性は中 製作者に期待
テーマで対応 超低 容易 柔軟性は中 テーマを使い続けている間は期待できる
自前で対応 自分で対応 柔軟 自分で対応

どこをとっても一長一短です。

何にもわからないよー!って方は

「Automattic社 公式プラグインで対応」をお勧めします!

Enable Accelerated Mobile Pages (AMP) on your WordPress site.
コメントの入力は終了しました。